読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.12.24 敬愛するギタリストと同じ音が出るエフェクターを手に入れた


Demo Yamaha UD Stomp

 今でも敬愛しコピーに挑むも1割くらいしかその通りに弾けないギタリスト、アランホールズワース。彼はその速弾きやコードワークも類い稀なのだが音作りもかなり凝っていて澄んだ美しい音を出す。30年前初めて来日した際行ったコンサートではラック型エフェクターを使用していて値段は当時200万円とも300万円とも言われていた。普通のディレイやコーラスではその音は出るはずもなく彼のコピーをする際、今ひとつ乗れなかった。ところが10年ほど前ヤマハがアラン監修のもとコンパクトなディレイマシンを作ったとのニュース。アラン本人があのラック型の音がこのマシン一つで出来てしまったと言うくらいだから本物である。
 ただディレイマシン単体に5万円は出せなかったので放っておいたらそのうち製造中止に。でこのたびヤフオクで7掛けくらいで手に入れた。
 Youtubeにデモ動画が載っていてこれを繰り返し見ながら欲しいなあと思っていた。アランが自らセットした音リストも登録されている。
 荷物が届いて早速ギターと繋いで音を出してみる。オッとアラン専売特許の繊細なディレイ音がするではないか!
 30年経って念願のアランの音を出すことが出来たクリスマスイブ。感激である。