読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.10.30 自宅レコーディングの進化ぶりにびっくり

f:id:tatumac:20101202111027j:plain

 ギター練習を再開して1ヶ月。エフェクターを使ったお気に入りの音色でノリノリに弾いていた。で今度は曲を録音してみたくなった。ファンクラブ会員番号1番さん用にと8小節のギターリフを録音する。そこにAmplitubeの録音ソフトでもう1本ギターを重ねようとしたところ8ch用は有料2400円とのこと。即買いしてしまいそうになるがちょっと待てよと以前無料でインストールしたGaragebandにAmplitubeをつなげられるかやってみる。すると外部入力でいとも簡単に繋がった。そこでGaragebandのドラムシーケンスで8ビートを登録、そのビートに乗せてAmplitubeのエフェクターがかかったギターを録音。とものの10分でテストレコーディング完了してしまった。
 20代の頃どうしても一人で多重録音がしたくてカセットテープを使う機材を買ったがあれから20年、今やiPad1台でリズムマシンからギターエフェクター、多重録音までできちゃうのだから恐ろしい。
 若い人には当たり前なのかもしれないがプログラミングといい楽器を取り巻く状況といい技術が格段に進歩し作曲や楽器の練習がしやすくなっている。僕もこれで年内1曲完成が見えてきた。
 憧れのアーティストの曲に自分のギターを重ねることもできる訳でまた楽しみが増えてしまった。ギター遊びは止まらない。(笑)