2016.10.29 iRigその後

f:id:tatumac:20161029202308j:plain

 先月iPad上でギターエフェクターをシュミレートできるようにするためのiRigというキットを買った。好きなエフェクターをセットで買えて僕は基本セット2400円をセール価格1800円で買った。このセットにはサスティナーやコンプレッサーがなかったのとアコースティックな音作りのアンプセットが少なくてちょっと困っていたのだが昨日製造元のIKMultimediaからハロウィンセールのニュース。1800円で買った基本セットも含め全てのセットが600円という。
 どれにするかいろいろ迷ったがまず600円でジミヘンドリックスセットを購入。エフェクターは4つしか付いて来ないがこのセットのミソはジミヘンの音色作りをしたアンプやエフェクターの設定がプリセットで入っているところ。つまり自分で試行錯誤してパープルヘイズの音を作らなくてもすぐにあの音が出せるのだ。
 早速プリセットの音を試すとリズムギターとリードの2種類ある丁寧さ。ただジミヘンの時代はアンプもエフェクターも原始的だったようで今の感覚からするとちょっと古臭いというか生音をアンプで歪ました感じ。
 ということでさらに600円支払ってSlashセットを購入。あのガンズ&ローゼズのギタリストSlash監修のセットだ。早速Sweet child o'mineのプリセット音で弾いてみる。うん、なかなか骨太なディストーションフェイザーやディレイも付いていい感じだ。
 でさらにいい気になってアコースティック用にフェンダーセット、ロック・パンク用にメサブギーセットも購入。さらに無料だったので楽譜を自動でめくる機能付きのソフトや色が綺麗なリズムマシン、ボーカル録音マシンも買ってしまった。
 しめて2400円。まあでもセールじゃ無ければ9600円なので得した感じ。これでアンプの数が3倍の12種類、エフェクターも当初の10個から25個へ。プリセット音色は50種類以上とどれにするか迷ってしまうくらい充実したのでしばらくは音色のワンダーランドでさ迷えそうだ。(笑)

広告を非表示にする