読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年1月14日  疾走するビート感 「アナーキー」(現RockBand)

音楽

f:id:tatumac:20140112145109j:plain

 ロックミュージックはもともと破壊衝動や性的衝動を元として発祥しているから上品なロックなどというものは存在しないはずなのであり、昔流行ったAOR(Adult Oriented Rock)もいいけどこんな中年の僕でもたまに衝動的なロックが聴きたくなる時がある。

 アナーキーのメンバーは全員元暴走族だったし、メンバーの一人が殺人未遂を犯して脱退するなどいわく付のワルガキバンドだ。

 演奏も最初はSex Pistolsのコピーから始まり、お世辞にも上手と言えなかったがツアーで全国を回るうちに演奏も作曲能力もみるみる上がっていった。

   僕はデビュー2年後のアルバム「Anarchism」の一曲目「Rock'n'Roll star」が一番好きだ。

左右から畳み掛けるようにしてギターが鳴らすあの疾走感あふれるリフは今でも僕の中の何かをかき立てる。アルバム「デラシネ」の一曲目、「けだるい午後の昼下がり」もいい。

 なお、Wikipediaで調べていたらなんと山下達郎アナーキーのファンで彼らのアルバムを発売日当日に買っていたらしい。他にも芸能界有名人のファンが多いようです。

業界内でもファンは多く、タレント北野誠薬丸裕英小泉今日子歌舞伎役者中村獅童、音楽関係では尾崎豊ボアダムス山塚アイ、元THE MAD CAPSULE MARKETSKYONOザ・クロマニヨンズ甲本ヒロト頭脳警察PANTATheピーズの大木温之、eastern youth吉野寿ロリータ18号のマサヨ、JUN SKY WALKER(S)BUCK-TICK今井寿山下達郎などがファンを公言しており、山下達郎に至ってはアルバムを発売日に買っていたというエピソードが存在する。

 Youtubeに上記の曲が無かったのでデビュー当時の曲を載せます。まだ演奏は荒削りです。


アナーキー - ノット・サティスファイド - YouTube