読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年12月18日  表現形態とWebサービス

エッセイ

f:id:tatumac:20131217073758j:plain

 今年の11月初めにブログを再開してから40日以上、一日も休まず更新してきたが、正直息切れしてきたし、ブログという形態の限界も見えてきた。

 ブログを再開したのは自分が再開しようとしていた物書きの創作活動を毎日発信することで自分にもエンジンをかけるのが目的だったが途中から色々なテーマに興味がばらけてしまい、まとまりのないブログになってしまった。

 ブログはその特性上、更新するたびに前の記事がどんどん下へ追いやられてしまい、初めて訪れた人の目には触れなくなる。

 それを避けるために右側にカテゴリー表示をして読む人がそのの人の興味に近い記事に辿り着けるようにしているがカテゴリーを利用している人は少ない気がする。

 つまりブログは新鮮さ、その日採れたての話題を楽しむものであり、作品展のように常設展示するには適していないのだ。

 いくつかいいなあと思うサイトはある。例えば「ほぼ日刊イトイ新聞」。

ほぼ日刊イトイ新聞 - 目次

このサイトは毎日更新されているが、過去の記事もテーマごとに追える作りになっている。

 昨日から友達とコラボの企画も進めているが、それぞれの表現手段、表現形態にあったWebサービスを探してみようと思う。