読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年11月23日  彼女の詩、僕の散文 

f:id:tatumac:20131123193250j:plainf:id:tatumac:20131123193256j:plain

中学の頃、隣のクラスに好きな女の子がいてその頃は付き合ったりデートするなんてとんでもない時代だったので僕と同じクラスの彼女の友達が手紙を彼女から僕へ運ぶという形で文通していました。

 彼女は時々、短い詩を書いてきました。僕が詩を書くようになったきっかけは彼女の影響とその頃初めて聴いたさだまさしの「私花集」というアルバムのせいかも知れません。

 彼女の詩です。

               黄色と水色

 

                            黄色と水色を混ぜると

                              みどり色ができます

                            

                            黄色はあなたのセーター

                            水色はわたしのブラウス

                            

                            しっかりと抱き合ったなら

                             わたしたち

                            若葉の揺れる一本の樹に

                             なれるでしょうか?

 

 それこそ12,3歳の中学生の詩だけど今読んでも新鮮な気がする。

 こういう詩、ポエムは今は素人のものがネット上にたくさん載っているのかもしれないが彼女はいい感性をしていたと思う。甘すぎることもなく、ドキッとするところがあり、そしてシンプルで簡潔だ。

 残念ながら彼女の手紙は皆捨ててしまって今僕のもとにある彼女の詩は6,7編しかないのだが今読んでもどれも素敵だと思う。

 中学二年の時に僕は名古屋に引っ越してしまい文通は途切れてしまった。

 その後、僕は大学に進学し、彼女は高卒で就職して一度だけデートをしたが彼女はありきたりのOLになってしまっていた。詩はまだ書いてる?との僕の問いにもう今は書いていないと彼女は答えた。

 素敵な感性を持っていたのに彼女は今頃、普通の主婦になってしまったのだろうか?

 また詩を書き始めたりしていないかななんて僕は密かに期待しているのだが。