読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年6月17日  僕の好きな歌詞シリーズ その1 布袋寅泰「BEAT EMOTION」

布袋寅泰はBOOWYの頃はあまり聴いてなくて吉川晃司と一緒にやったCOMPLEXで好きになった。その頃出たソロアルバムGUITARYTHMⅡのアルバム2曲目のBEAT EMOTIONにシビれるフレーズがある。3番のはじめにある 「まずまずの人生をこのまま送るか? 二度とない人生…

2014年1月29日  彼女の詩、僕の散文(第三回)

photo by waen ♡ この詩を読むと彼女は本当に優しくて繊細な心を持っていたのだなと思う。 シンプルで、わかりやすくて、ちょっとドキッとする。 僕も書き換えをしてみたくなるがオリジナルの良さを汚してしまいそうなのでそのまま載せます。 その後の彼女の…

2013年12月19日  遠く離れてそばにいて

photo by abaransk 久しぶりに詩をしたためてみました。 僕の詩はどうしても散文になってしまいます。 言葉をぐっと凝縮した詩を書けるといいのですが。。。 「遠く離れてそばにいて」 あの人はここから遠く離れた場所にいて 僕たちは時折、文字のやりとりを…

2013年12月13日  昔書いた詩(Pure)

photo by desegura89 こちらは20代前半に書いた詩。 梶井基次郎の「檸檬」とかエレファントカシマシが好きでした。 『PURE』 それを純粋というのかい? 忘れかけていた生のレモンの香り。 表現することすらできない。 表現する手段さへ持たない。 表現する…

2013年12月10日  彼女の詩、僕の散文(第二回)

photo by MeoplesMagazine 僕は中学、高校と詩をたくさん書き、大学4年から小説や脚本を書き始めた。 山頭火の俳句や俵万智の短歌も好きだが自分では俳句や短歌は作れない。 中学の時、文通してた彼女がくれた詩を今読み返すと詩の持つ素敵な力に気付かされ…

2013年12月9日  昔書いた詩(インスタントラーメン)

僕は文通していた女の子の影響で中学1年から詩を書き始めた。この詩は高校の時に書いたもの。 各文のはじめが「あいうえお」になっているのに気づいてくれるかな? インスタントラーメン(3分で書いた詩) ありそうもないことを考えて いたいおもいをして …

2013年11月29日 写真詩

みなさん一週間お疲れ様でした。 今日は写真とコトバのコラボ、写真詩で寛いで下さい。 静謐で上質な時間がそこには存在した まるでこの世のものとは思えないような ひっそりと秘密の庭園といった風に 京都嵯峨野にて なんでこんなに人がいるのだろう? 東京…

2013年11月23日  彼女の詩、僕の散文 

中学の頃、隣のクラスに好きな女の子がいてその頃は付き合ったりデートするなんてとんでもない時代だったので僕と同じクラスの彼女の友達が手紙を彼女から僕へ運ぶという形で文通していました。 彼女は時々、短い詩を書いてきました。僕が詩を書くようになっ…

2013年11月12日  伝言ゲーム

君→僕 ゲームの話 僕→君 小説の話 お互いが発するねえねえ光線は 着陸できずに空間を彷徨う 自分の好きなモノ→相手も好き 実際→割と関心ないんですよね 近くの人→悪いところが目につく 遠くの人→悪いところがわからない ぐるっと回ってニャンコの目 やっと気…